東京の九州・沖縄料理店 郷陽(ゴーヤ) 》 表紙(サイトトップ)

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


九州・沖縄料理 郷陽 ゴーヤ ロゴ 画像九州・沖縄料理 郷陽 ゴーヤ ロゴ 画像


東京の九州・沖縄料理店 郷陽(ゴーヤ) とは?

鹿児島県大隅半島出身のばあばと、大分県国東半島出身のじいじが、東京の梅の里、吉野梅郷に咲かせた九州・沖縄料理店。日本全国でも指おりの梅の名所、「青梅市梅の公園」まで、ゆっくり歩いて2分。
九州・沖縄料理 鹿児島県大隅半島出身 大分県国東半島出身 店主 写真九州・沖縄料理 鹿児島県大隅半島出身 大分県国東半島出身 店主 写真
火~金 11:00~15:00 / 17:00~22:00
土日祝 11:00~22:00
月曜定休(祝日の月曜は営業 / 翌日休) ※3月は無休
東京都青梅市梅郷 4-1825-2
電話 0428(76)3288

おといあわせご予約営業案内交通アクセス


九州・沖縄料理 郷陽 表紙 画像九州・沖縄料理 郷陽 表紙 画像九州・沖縄料理 郷陽 メニュー 画像九州・沖縄料理 郷陽 メニュー 画像九州・沖縄料理 郷陽 御席 画像九州・沖縄料理 郷陽 御席 画像九州・沖縄料理 郷陽 WEB限定クーポン 画像九州・沖縄料理 郷陽 WEB限定クーポン 画像九州・沖縄料理 郷陽 近隣探訪 画像九州・沖縄料理 郷陽 近隣探訪 画像九州・沖縄料理 郷陽 交通アクセス 画像九州・沖縄料理 郷陽 交通アクセス 画像

東京の九州・沖縄料理店 郷陽(ゴーヤ) 表紙(TOP) >

\ 東京の梅の里、吉野梅郷で、めんそーれ!/

九州出身ばあばじいじ九州沖縄料理店

九州・沖縄料理?  ●えっ!ここも東京?店内・ロケーション  ●現地情報・地元なう

九州・沖縄料理 郷陽 食事 喫茶 画像九州・沖縄料理 郷陽 食事 喫茶 画像
九州・沖縄から空輸する南国食材!九州出身ばあばの味!
保存用食塩が入っていない、沖縄の生の海ぶどう。スーっと歯切れる、本物の純粋かごしま黒豚。屋久島のとびうおをねってこさえた、さつま揚げ…。ぷちぷち!もちもち!ぷりぷり!ぷるんぷるん!シャクシャク!九州・沖縄料理は、いっぺーまーさん、たのしくなる食感♪白ごはん、おかわり無料!

九州・沖縄料理 郷陽 店主 画像

九州出身のばあばとじいじ

料理担当のばあばは鹿児島県大隅半島出身
裏方担当のじいじは大分県国東半島出身。
2001年6月10日、九州・沖縄料理 郷陽開店。

九州・沖縄料理 郷陽 沖縄の食材 セーイカ 画像

九州・沖縄から食材を空輸!

ぷりぷり!ぷちぷち!コリコリ!シャクシャク!
南国の食材は、たのしくなる食感。
生の海ぶどうのぷちぷち、ちびっこに大人気♪

九州・沖縄料理 郷陽 梅ごま ごはん おかわり無料 画像九州・沖縄料理 郷陽 梅ごま ごはん おかわり無料 画像

白ごはん、おかわり無料!

吉野梅郷の名産・梅ごまの白ごはん!
多摩川でカヌーやる若者がお腹ペコペコできて、
お腹一杯にしてあげたくて、おかわり無料に。

九州・沖縄料理 郷陽 黒豚生産者協議会賛助会員 純粋かごしま黒豚 画像九州・沖縄料理 郷陽 黒豚生産者協議会賛助会員 純粋かごしま黒豚 画像

郷陽は、黒豚生産者協議会賛助会員

郷陽は、鹿児島県黒豚生産者協議会賛助会員。
純粋かごしま黒豚のなかでも最高峰と
たたえられる「薩摩の黒い宝石」。ご堪能あれ!

九州・沖縄料理 郷陽 九州 ねったぼ 画像九州・沖縄料理 郷陽 九州 ねったぼ 画像

九州ふるさとの味

鹿児島県大隅半島出身のばあば。
こども時代のおやつ、ねったぼもメニューに。
なつかしい、九州郷土の味。

九州・沖縄料理 郷陽 沖縄の島料理 画像九州・沖縄料理 郷陽 沖縄の島料理 画像

沖縄の島料理

ゴーヤーチャンプルー、ンブシー、ソーキそば、
タコライスなど、人気・定番の島料理をどうぞ。
海ぶどうは食塩無添加、生の海ぶどう!

九州・沖縄料理 郷陽 創作料理 画像

常連さんに人気!ばあばの創作料理

ソーキそばの焼きそば、黒豚ハンバーグなど、
東京人の舌になじみぶかい味つけで
アレンジした創作料理。常連さんに人気!

九州・沖縄料理 郷陽 ゴーヤースカッシュ 画像九州・沖縄料理 郷陽 ゴーヤースカッシュ 画像

悩殺?!ゴーヤースカッシュ!

ていねいに手ですりおろしたゴーヤーに、
炭酸、ガムシロップ、柑橘果汁をブレンドして、
ばあば特製ゴーヤースカッシュ!中毒注意!

九州・沖縄料理 郷陽 テラスで東京の天然ホタル鑑賞 テラス席 画像九州・沖縄料理 郷陽 テラスで東京の天然ホタル鑑賞 テラス席 画像

東京の天然ホタルに見惚れながらの夕食

6月ごろ、闇に舞う幽玄の光に見惚れながら、
食事・喫茶・晩酌をたのしめる郷陽のテラス席。
時折舞いこむホタルに、ちびっこも大はしゃぎ。

九州・沖縄料理 郷陽 テラス席 喫茶 画像九州・沖縄料理 郷陽 テラス席 喫茶 画像

東京の森の喫茶、読書時間

吉野川のせせらぎや、野鳥のさえずり、
虫の声がBGMの、郷陽のテラス席。
お気に入りの小説をたずさえて、森林浴の喫茶。

九州・沖縄料理 九州の焼酎 沖縄の泡盛 画像九州・沖縄料理 九州の焼酎 沖縄の泡盛 画像

焼酎・泡盛・お酒、全30種以上!

大分、鹿児島、宮崎、熊本、
宮古島、那覇、糸満、久米島、与那国島など、
本場の麦・芋焼酎や、泡盛がずらり!

九州・沖縄料理 郷陽 法事 宴会 ママ会 オフ会 女子会 画像九州・沖縄料理 郷陽 法事 宴会 ママ会 オフ会 女子会 画像

ママ会、女子会、オフ会!

ご予算にあわせて、コース料理、できます!
お誕生日会、ママ会、女子会、オフ会、
忘年会、新年会、送別会、歓迎会、法事もOK!

九州・沖縄料理 郷陽 店内 ロケーション 画像九州・沖縄料理 郷陽 店内 ロケーション 画像
日帰りドライブ旅気分♪「えっ、ここも東京?!」へようこそ!
秩父多摩甲斐国立公園、東京の山のふもと。梅の名所、青梅市梅の公園まで、ゆっくり歩いて2分のところに、九州・沖縄料理 郷陽があります。テラス席の足下には吉野川。季節になれば、闇夜に、ふーっと天然ホタル。日帰りで、いってかえってこられる東京のふるさと。 音で感じる郷陽の四季へ

九州・沖縄料理 郷陽 店舗 画像九州・沖縄料理 郷陽 店舗 画像

東京の山里の九州・沖縄料理店

日本屈指の梅の名所、梅の公園から、
ゆっくり歩いて2分ほどで、郷陽。
緑の土壁、擬木の名人がこしらえた丸太が目印。

九州・沖縄料理 郷陽 店内 画像九州・沖縄料理 郷陽 店内 画像

まるでロッジ!な店内

郷陽の店内には、ほんのり木の匂い。
地元・青梅の天然木の床、天然木の壁。
体全体が、木のぬくもりにつつまれます。

九州・沖縄料理 郷陽 店内 テラス席 画像九州・沖縄料理 郷陽 店内 テラス席 画像

東京の森の木陰で、森林浴のテラス席

吉野川のせせらぎ、東京の森のマイナスイオン。
夏のBGMは、空からふりそそぐ、蝉しぐれ。
秋は、虫たちのオーケストラ。

九州・沖縄料理 郷陽 ホタル鑑賞 吉野川 画像

テラスの足下、ふーっとホタルが舞う

郷陽のテラス席の足下、山あいをゆるやかに下る
吉野川。時折、テラスに舞いこむ、天然ホタル。
ホタルの季節、6月は、ツイッターにご注目を♪

九州・沖縄料理 郷陽 青梅市梅の公園 画像九州・沖縄料理 郷陽 青梅市梅の公園 画像

梅の名所、梅の公園まで徒歩2分

「おすすめの梅の名所ランキング」で全国1位を
受賞したこともある梅の公園が、目と鼻の先。
日本経済新聞2009年2月14日号で受賞

九州・沖縄料理 郷陽 青梅市神代橋 多摩川 画像九州・沖縄料理 郷陽 青梅市神代橋 多摩川 画像

東京日帰りドライブ、旅気分♪

梅の名所・吉野梅郷、日本名水百選・御岳渓谷
パワースポット・御岳山など、近隣は見所満載!
日帰りでふらっと、東京のふるさとへ。

九州・沖縄料理 郷陽 ペットOK 画像九州・沖縄料理 郷陽 ペットOK 画像

郷陽のテラス席は、ペット入店OK!

愛犬・愛猫、愛くるしい家族とごいっしょに、
お食事・喫茶・晩酌のひとときを。
(テラス席限定となります)

九州・沖縄料理 郷陽 FREESPOT 画像九州・沖縄料理 郷陽 FREESPOT 画像

山里だけど、インターネット、つながる!

無線でインターネットに接続OK!無料です!
ノートパソコン、iPad、DS・PSPなど、
郷陽店内で、つながります!

九州・沖縄料理 ちいさなお子様OK 画像

ちいさなお子様、おきがねなく!

わんぱく、おてんば、カモーン!
木のブランコのあるテラス席、季節には、
ホタルが舞いこんできたりも!

九州・沖縄料理 充電OK 画像

充電できます♪

電源、お貸しします!無料です!
携帯、スマートフォン、iPad、ノートパソコン、
DSほか、お食事中・喫茶中に、充電どうぞ!

九州・沖縄料理 郷陽 秩父多摩国立公園 画像九州・沖縄料理 郷陽 秩父多摩国立公園 画像

ここは、秩父多摩甲斐国立公園!

ホタルの舞う吉野川。都心よりも2℃低い気温。
タヌキやムササビ、アライグマまで出てくる森。
ここも東京?!なんて目がまあるくなるかも。

九州・沖縄料理 郷陽 秩父多摩国立公園 画像

東京の奥座敷、野鳥の里

青梅市の市の鳥は、ウグイス(鶯)。
梅の公園では、ジョウビダキ、シジュウカラ、
メジロ、ルリビタキなどに出会えるかも

九州・沖縄料理 郷陽 吉野梅郷の現地情報 地元情報 画像九州・沖縄料理 郷陽 吉野梅郷の現地情報 地元情報 画像
●郷陽(吉野梅郷)の現地情報・地元なう
梅の季節には、開花や道路の混雑情報を。ホタルの季節には、ホタルの舞いはじめや舞いおわりを。紅葉の季節には、山や渓谷の色づきを。青梅市のちいさな四季のうつろいや、観光名所の今のこと、現地・地元のなう情報を発信。フォロワーさん限定割引・特典も、つぶやきます♪

▲ 九州・沖縄料理?へ▲ 郷陽の店内・ロケーションへ▼ 音で感じる郷陽の四季へ

\ NEWS / 散歩の達人に郷陽が取材・掲載されました!

2011年10月号 【奥多摩・青梅】紅葉の日帰り山さんぽ、くつろぎの里山風情(以下、記事P.17 引用)

東京の九州・沖縄料理店 郷陽 散歩の達人掲載記事東京の九州・沖縄料理店 郷陽 散歩の達人掲載記事
葉ずれの音と小川のせせらぎがBGM
岡本さんご夫婦は九州出身。故郷の調理法に独自のアイデアを加え、ここだけの味を作り出す。自家菜園で育てた野菜も使用。デッキ前には山肌が迫り、小川が流れる。毎年7月にはホタルが見られる清流で、春に白い花を咲かせた栗、タラノキが秋には実をつけ、紅葉も見事だという。以前は武蔵野市に住み、日の出町、そして青梅市と少しずつ西へ移動。「子どもには、これ以上奥へ行くなって言われるんだけど、やっぱりこの景色が好きで」と笑う。(取材・文=信藤舞子さん)